バンダイ FFR 04 ファイズブラスター レビュー

仮面ライダーディケイド・FFRシリーズ第5弾が登場!
仮面ライダーファイズ」がファイズブラスターに変形!




仮面ライダーファイズ

Φの記号をイメージしたマスクと全身の赤いライン
フォトンブラッドが特徴の仮面ライダー
後姿に大幅なアレンジが加えられていますがもともとメカニカルなデザインなので
メカ系のパーツが増える分にはそこまで違和感は感じません。




マスク


全体的に縦長で、目の周りの赤い縁取りも細く、かなり作中イメージに近い
造型になっていると思います。
私の物は右目に赤い塗料が糸ひいてしまってますが・・・
慎重に落さないと。




ファイズドライバー

変身ベルトファイズドライバー。
ミッションメモリーの塗装は省かれていますが造型自体は細かいです。
右腰のファイズポインターは着脱可。
脚に装着できればよかったんですが、そこは再現されていませんでした。




可動

首がボールジョイント可動。
腕は横に水平までスイングでき、上腕・手首ロール有り。





腰も回転可能。
膝上にロール有り、股関節と足首はボールジョイントと
非変形のディケイドと同等の可動性能を誇ります。





ファイズポインター

FFRオリジナルの新武装
両腕に装備し、着脱も可能。






銃器やトンファーのように扱うと妄想して
遊んでます。





フォンブラスター(ファイズフォン)

ファイズドライバーのバックル部・ファイズフォンが変形した
拳銃型の武器。
さらにファイズポインターを装着した状態になっています。





フォンブラスターを持たせるときは腰のファイズポインター
外しましょう、と説明書に記載があるのですが
そこまでこだわるならバックル部のファイズフォンも着脱可にして欲しいです。





ファイズエッジ

専用バイク・オートバジンのハンドル部分が変形する武器。
特にギミックは無し。両手どちらでも構えられます。






やはり交通整理の棒っぽいですね。
なりきり玩具の出来がいいみたいなので欲しいです。





ファイズアタッシュ

ファイズの変身道具一式を収納するアタッシュケース
残念ながらスマートブレイン社のロゴはありませんが・・・。






変身後のファイズに持たせるとなかなかにシュールですが、
作中で印象深いアイテムだけに付属するのは嬉しいですね。






開閉可能ですが、中にはギミック用のパーツがつまっているので
収納できるのはせいぜい腰の小さいファイズポインターくらいです。





装備一式

もともと魅力的な小道具が多いライダーなので
変形がメインの商品において
これだけオプションをつけてくれるのは非常に嬉しいです。






余計なものを全部取っ払った状態。
腕のポインター以外のパーツは非公式ながら簡単にはずせます。
アングル限定ながら、普通にファイズのアクションフィギュアとして
遊べるレベルの完成度だと思います。





それではお待ちかねのファイナルフォームライド!
「ちょっとくすぐったいぞ!」

「ファファファファアイズ!」







変形はきわめて単純。大きなパーツ移動もありません。





ファイズブラスター


仮面ライダーファイズがファイナルフォームライドで変形した大型キャノン。
元作品である「仮面ライダーファイズ」内でのファイズの最強武器
ファイズブラスター」と同名であり、外見もそれをイメージしたものになっています。


パッケージなどの見本だとボディ側面(腕のあった位置の周り)にΦの文字をかたどった
ラインが塗装されているんですが、製品版では省略されています。
これがあるだけでも元のファイズブラスターにかなり近くなると思うんですが、惜しいです。






ディケイドに装備。
当然ですがとても保持できません。






そこで役に立つのがファイズアタッシュ。
展開させるように変形させると、ファイズブラスターを支える
スタンドになります。






スタンドを使用することでディケイドの保持を助けるだけでなく、
単体でのディスプレイも可能になります。






スタンドは意外と高さが低いので
ディケイドに構えさせる場合は脚を開いて高さをあわせてやりましょう。






腰のファイズポインターがグリップになっているので
両腕で構えることが出来ます。





アクションポーズなど






ファイズはよく動きます。
ファイズブラスターはとにかく取り回しにくい・・・






ディケイドと。






以上、FFRファイズブラスターでした。
相変わらず作中登場からラグの少ない発売で楽しく遊べます。


変形は単純ですが、ライダー形態ではプロポーションもよく、
オプションが豊富に付属する上にこれまでの不満だった
可動が大きく改善されています。


もし初期に発表されたクウガ龍騎・剣の3体の開発時の
ノウハウがフィードバックされ、
このファイズの出来に結びついたのであれば、
ファイズ以降のライダーの出来にも期待が持てます。
そうであって欲しい!