バンダイ 1/144 HG Oガンダム レビュー

機動戦士ガンダム00 』より、ソレスタルビーイングの最初のガンダム
オーガンダムのテストカラーver.のキットが発売!



オーガンダム


ソレスタルビーイングが開発したガンダム一号機。
テストパイロットしてリボンズ・アルマークが登場しましたが
その時点では正式なガンダムマイスターとして認められていなかったため
機体色がグレーとなっています。


ガンダムはマイスターの決定にあわせ細部調整とカラーリングが行われるということですが
そうなると実戦配備仕様のトリコロールカラーはラッセのパーソナルカラーということに・・・?


今回もパチ組+シールで製作。
全身のイエローの部分はすべてシールです。





頭部


頭部アンテナの成型色は白で、シールでイエローを補ってあります。
目は白いクマドリの部分までシールなので上手く貼るのはなかなか大変。






胸部レンズにはクリアパーツを使用。






フロントアーマー・リアアーマーのパネル部分のイエローもシールで再現。
折り目が沢山できてしまうのでアップでみるとあまり見栄えが宜しくないです。





可動

相変わらず変態的な可動範囲です。





ビームサーベル

バックパックにビームサベールを装備。
ただし後述のGNフェザーを付属させた代償としてビーム刃部分が付属しません。
実戦配備仕様などから流用する必要があります。





ビームガン





ガンダムシールド


ビームガンとガンダムシールドは実戦配備仕様に付属のものの色違いです。





フル装備

グレーのカラーもなかなか引き締まっていい感じです。





実戦配備仕様と

セカンドシーズンに登場した実戦配備仕様のオーガンダムと。
最終回の活躍が印象的過ぎて今ではオーガンダムと聞くと実戦配備仕様のカラーリングで思い出してしまいます。





GNフェザー


GN粒子を機体の周りに大量に噴射し、それをクラビカルアンテナで
制御することで作り出す光り輝く翼。
実戦配備仕様には未付属で本商品にのみ付属する、ある意味メインアイテム。
PET素材で成型されています。






GNドライブを一度分解し、挟み込むように装着します。
ガンダムのGNドライブの軸にあわせて穴があけられているので
他のキットへ装着するには少し手を加える必要がありそうです。






また、足を閉じた状態でスタンドに接続できるように腰の裏にジョイントが用意されています。
肝心のスタンドが付属しないので自前で用意する必要がありますが。





アクションポーズ





GNフェザーが真・流星胡蝶剣に見えます。



以上、HGオーガンダムでした!


実戦配備仕様が発売された時点でラインナップされるのは予想が付いていましたが
リボーンズガンダムと同月にもってくるとはなかなか粋。


実践配備仕様では色分けが大変優秀だったのですが
今回はシールが多くなってしまったのが少々残念。
カラバリの宿命でしょうか・・・


戦わせたり絡められる相手がいないのが寂しいですが
とりあえずリボーンズガンダムが発売したら隣に並べて飾ろうと思います。