乗り換えチェンジシリーズ トッキュウ1号 レビュー

『お急ぎの方はお乗り換え下さーい!』トッキュウジャーのアクションフィギュア
『乗り換えチェンジシリーズ』よりトッキュウ1号を紹介!


パッケージ


今回紹介するトッキュウ1号の他トッキュウ2号、トッキュウ4号が同時発売。
ただし通し番号などはなく今後シリーズが続くのかどうか現時点では不明となっております。





商品のウリは『乗り換えチェンジ』。
マスクと額の数字を変化されることでトッキュウ1号レッド〜5号レッドへの
乗り換えチェンジを再現することができます。





トッキュウ1号(レッド)


トッキュウ1号がレッドレッシャーにて変身した姿。
列車の記号は最小限にとどめ、シンプルにまとめられたスーツが特徴です。
プロポーションはまずまずといったところ。肩が大きいのが少々気になります。








今回は乗り換えチェンジシリーズはアクションフィギュアになっており
手首の指部分以外は仮面ライダー鎧武のACシリーズと同様の関節構造になっています。
制限はありますがそれなりに多様なポージングが可能。






腕のトッキュウチェンジャーの塗装は最小限。
このあたりもACシリーズに通じてますね。






特徴的な線路の意匠を取り入れたマスクは綺麗に塗装されています。
額部分と胸部分の窓はクリアパーツになっており内部には『1』の数字が表示されています。






頭部と背部には数字を変化されるためのダイヤルが設けられています。
頭部のダイヤルは煙突上のデザインがその役目を兼ねており、引き出すことで回転可能になります。






ダイヤルを回して数字をチェンジ!
見た目はたいして変わりませんがこれだけで
トッキュウ2号レッド〜トッキュウ5号レッド
として遊ぶことができます。






トッキュウブラスターは2タイプが付属。
黒一色なのがさみしいですね…










そのほかにトッキュウ1号〜5号が使用するそれぞれの専用武器が一挙に付属。
ダイヤルを回し、フィギュアを1号〜5号に変化させて装備することを想定してるのかもしれませんが
番組中だとレールスラッシャー=レッド、ホームトリガー=ブルーのように
武器は変身者ではなく、変身に使用するレッシャーに対応しているようで
1号でも2号でも3号でもレッドである以上レールスラッシャーしか使用しないんですよね…
ちなみに武器に合体機能はありません。






AC仮面ライダー鎧武オレンジアームズと並べて。
関節構造はほぼ同じ。全高はほんの少しトッキュウ1号のほうが大きいです。






フィギュアーツキョウリュウレッドと並べて。
サイズもフィギュアーツとならべてもそん色ない感じ。





アクションポーズ







子供向けのアクションフィギュアですが
例年の物に比べれば格段によく動きますね。





『頭にオレンジ?』『列車がグルグル?』



テレビスペシャルでまさかの共演を果たしたトッキュウ&鎧武。
フィギュアが同サイズなので組み合わせて遊ぶのも一興です。
番組自体も面白かったですね。






名乗りポーズは下半身の可動がちょっと厳しい感じ。
この辺りはフィギュアーツに期待です。





最後はキョウリュウレッドと並べて。


以上、乗り換えチェンジシリーズトッキュウ1号でした!


頭と胸の数字を変えて、1体で5人のトッキュウジャーの乗り換えチェンジを再現できる
なかなか画期的なアイテムではあるのですが
劇中では使用する武器自体は変わらずバトルスタイルを変える戦法として描かれているので
この玩具での再現度は正直イマイチと言わざるを得ません。
レールスラッシャー以外の専用武器も付属することもそれ自体は豪華でいいのですが
どうしても『ちょっと違うんじゃない?』という印象がぬぐえませんでした。
そもそも3号と5号は女性なのでスーツ自体が変化しますし…


しかしながら関節構造を例年の仮面ライダーのアクションフィギュアシリーズ
(今年だと鎧武のACシリーズ)からそのまま流用しているおかげで
普通にトッキュウ1号のアクションフィギュアとして遊ぶ分なら全く問題なし。
繊細なポージングには向きませんが耐久性はバッチリなのでガシガシ動かして遊べます。
番組中でも共演を果たしましたし、AC鎧武と絡めて遊ぶのにオススメ!