キュータマ合体SP01 キュウレンオーグリスターインジェクションver.をつくろう! その1

キュウレンオーのSPver.が発売されたので組んでいきます。







キュータマ合体シリーズ01の成型色変更&一部仕様変更アイテム。
ここ最近ミニプラはクリアver.が発売されるのが慣例化していましたが今年は変化球ですね。
(とはいえクリアは毎年9月ごろ発売であり、今年もなんだかんだこれとは別に
クリアが改めて発売される可能性もありますが。)
ちなみにイオン系列限定アイテムとのこと。
※↑べつにイオン限定じゃないそうです。セット版と勘違いしてました。すみません





商品は成型色がラメ入りのメタリックカラーに。
成型色自体もかなり落ち着いた色味に変更されています。
またキュータマ内部のパーツもキュウレンジャーが立体的に造形されたものに変更されています。






ちなみに今回1箱10個入りで全10種というなかなか潔いアソート。
店頭でコンプリートするのはなかなか骨が折れました。
ボックスで予約しておけばよかった。






さて、気になる中身を見ていきます。
まずは01のシシボイジャーA。






ランナーの色を見ていきましょう。
通常キュウレンオーではイエローとグレーだった部分がバッチリ
ゴールドとシルバーに変更されています。
写真だと明るめですが実物はもっと落ち着いた色味でかなりカッコイイです。






ブラック部分はパッと見では変化ありませんが
しっかり成型色にラメが混ざっています。






レッド部分も色味が変更。
おもちゃっぽい明るい赤からかなり落ち着いたシブい赤になりました。
これは組み立てたらカッコよさそう。






シールは特にめだった変更はなさそうですね…






本来ここで通常キュウレンオーのパーツと比較とかできればよかったんですが
ウチのは2体とも塗ってしまったので…すみません。






さて、続いて02のシシボイジャーBを開封
今回のポイントである新造パーツのキュータマはこちらに入ってます。






これがキュータマを構成するパーツですね。
中央の白いパーツが新造形になっています。






新造形パーツとシール。
キュウレンジャーがしっかり彫刻されていますね。
これ、特徴があるメンバーはしっかりそのへんも差別化されて
造形されてるそうです。頑張りすぎ。






クリアパーツに含まれている通常版のパーツもそのまま切り取られずに付属します。
まぁ余っちゃいますけども。






シールを貼るとこんな感じ。






シールの台紙にはシシレッドも描かれていますがこれは
パーツには貼られずに台紙に残ります。
こだわる人は塗装してもいいかもしれませんが…
組み立ててから判断すると良いかも。








で、組み立てたキュータマがこちら。
シルバー部分がもはやガンメタでめっちゃ重々しい感じでグッド!
内部のシシレッドもホワイトのため逆にクリアパーツ越しでも
くっきりその姿を確認できてこれはこれで良いかもしれません。







塗装してしまってありますが、通常版(右)とならべて。
通常版もシールでしっかりシシレッドの姿は確認できますが
やはり造形されているのと平面とでは存在感がちがいますな。





さて、今回はこんなところで。
次回は組み立てた写真をお見せできるかと思います。





ところで組みつつ開発者さんのブログを拝見してましたが
今回このメタリックカラーのキュウレンオーが商品化したきっかけは
ユーザーに塗装されたキュウレンオーの写真がネットに沢山アップされたことだったんですって。
ウチの写真ももし者の数に含まれていたとしたら、それはうれしいことですね〜。