ぬいぐるみ ジュウオウジャー あつまれ! ジューマンシリーズ レビュー

ジュウオウジャーのメンバーがかわいいぬいぐるみに!
あつまれ!ジューマンシリーズよりレオ、セラ、タスク、アムを紹介!



今回紹介するのはジュウオウジャーに変身する4人のジューマンのぬいぐるみ。
ラインナップはレオ、セラ、タスク、アムの4種類で各1500円。
なりきりトイやロボットトイと同じく全国のおもちゃ売り場で発売されています。
かわいらしくアレンジされたデザインが魅力。
劇中ではジュウオウザワールド=門藤操ことみっちゃんの手製の人形として登場しました。
それぞれのメンバーにプレゼントした結果、ドン引きされていましたが…





レオ



ライオンのジューマン、レオ。
最大の特徴であるドレッドは毛糸で再現。
アゴ周りの鬣とは素材が違います。
眉間にしわを寄せたような表情がいいですね。





セラ



サメのジューマン、セラ。
劇中のキグルミではかなり凶悪なフェイスでしたが
大分かわいくアレンジされています。
背中の服の隙間から背びれが見えているのがポイント。





タスク



ゾウのジューマン、タスク。
サラサラで光沢のある素材でできており手触りが非常に良いです。
特に耳がフニャフニャで触っているだけで癒されます。
キリッとした顔つきがタスクらしいです。





アム



ホワイトタイガーのジューマン、アム。
もうここまでデフォルメされるとネコですね。ネコ。
ピンクで花柄の服も可愛いですが、腹黒なキャラクター。









各キャラのタグにはジューマン態と変身後の姿、そしてプロフィールが記載されています。







ボーイズ&ガールズでツーショット。
単体でも可愛いし、並べても可愛いです。







レオ&セラ、タスク&アム。
こういうカップリングになるかと思いきや
タスクは操に目をつけられてしまいどうなるやら。









キューブやミニソフビとならべて。
関連アイテムといっしょに飾るのも楽しい。










ぬいぐるみでブンドド遊ぶのは無理があると思いきや
意外と悪くない?
このデザインのデフォルメアクションフィギュアが欲しくなります。






ジュウオウイーグル=大和は人間なので(あと操も)
このシリーズで発売できないのがちょっと不憫です。
というわけで最後はミニソフビといっしょに集合写真。


以上、あつまれジューマンシリーズでした!


シリーズ発表当時、そのあまりにもリアルよりな造形でファンに相当なインパクトと与えたジューマン。
いざ蓋を開けてみればスーツアクターさんの演技力と役者さんたちの見事なアフレコにより
非常にコミカルで魅力的なキャラクターたちに仕上がっておりました。
これはグッズが欲しくなる!と思っていたところに発表されたのがこちらのぬいぐるみ。
1個1500円という手軽さとサイズ、そして絶妙なデフォルメ具合がポイント!
お気にのキャラだけ摘まむも良し、商品名の通り一気に集めるも良しのシリーズです。


しかし今回のラインナップが好評だったらラリーさんや鳥男だけでなく、
操の脳内に生きているサイ、オオカミ、ワニのジューマン達も商品化の可能性があるのでしょうか…
その際は3人にはぜひまともな名前を付けてあげてほしいです。