参乗合体トランスフォーマーGO! バクドーラ レビュー

トランスフォーマーGO!より、プレダコン四鬼衆がひとり
”爆速鬼”バクドーラを紹介!


バクドーラ ビーストモード



レダコン四鬼衆の一人で先に紹介したガイドーラと同じく
ドラゴンから鬼型ロボットに変形します。
大きな翼に大きな尻尾、とガイドーラに比べると一般的なドラゴンのイメージに近いですね。
ちなみにトイは海外で展開していたビーストハンターズシリーズの
『リップクロウ』のカラーリングと一部仕様変更版となっています。







尻尾が大きすぎるので本体のみ近づけて。
メタリックブルーの整形色が美しいですね。
赤い翼も目立ってます。







翼は根元のヒンジで左右に角度を付けることができます。







頭部、上あご部分を上に可動させることで口の開閉が可能。
ちなみに上あご部分は軟質素材でプニプニしてます。







その他四肢が関節ごとに可動します。
ガイドーラと同じくビーストモードでもある程度のポージングが可能。







特徴的な巨大な尻尾は根元で大きく可動させ
前方にむけて構えることができます。







先端はサイフォンクロ−という武器になっており、爪を開くことが可能。
さらに中央のパーツがスイッチになっており押し込むことで
スプリングアクションで3つの爪が瞬時に閉じます。









トランスフォーム!
細かい部分はちょこちょこ動いてますが
パッと見はドラゴン頭部をしまって立ち上がっただけに近いですな…





バクドーラ ロボットモード



爆速鬼の異名の通り、スピード自慢のプレダコン。
四鬼衆のリーダーであるブドーラに命令に忠実に従う
武人タイプのキャラクターのようです。






頭部は海外版リップクロウから変更が与えられ、
四本角の鬼のフェイスになっています。







肩や脚部の装甲が甲冑のようなデザインになっており
より硬派なキャラクター性を感じさせます。







可動に関してはひじ・ひざの可動範囲がやや浅めで
開脚も横方向にはあまり開けないことを除けばまずまずの可動範囲。
それより脚部の関節の保持力がかなり甘くなっていることが気になりました。
尻尾を設置させれば問題なく自立できますが逆に設置させないとかなり難しい…






そのロボットモードでもそのままでちょっと持て余し気味な尻尾ですが…







ビーストモードと同じく、ロボットモードでも可動ギミックが生きてます。






さらにサイフォンクロー部分は取り外しが可能。







手持ち武器として腕に装備できます。
ただ腕のひじ関節の保持力が結構ギリギリでポージングによっては
上手く構えられないこともあります。








更にしっぽパーツは根元の白いロックパーツをはずし、
黒い節部分をそれぞれ少しずつスライドさせることで
ゴム製でグネグネ動かせる状態へと変化させることができます。







尻尾をいろんな方向に向けることが可能になります。
ただしゴム製とはいっても元に戻ろうとする力が強いので
曲げた状態で固定させたりすることは別途スタンドなどを用意しないと難しいです。





アクションポーズ








変形前後であまり特徴が変わりませんが
尻尾を堂々を振り回すトランスフォーマーというのも
結構面白いものですね。







ガイドーラとツーショット。
ウイングとしっぽにコストを取られているためか、バクドーラは本体小さめでした。


以上、プレダコン爆速鬼バクドーラでした!!


ガイドーラがオオトカゲ?のようなスタイルのドラゴンだったのに対し
今回のバクドーラはわりとポピュラーなイメージのドラゴンとしてまとめられており
メタリックブルーの整形色もあいまって非常にカッコよいキャラクターに仕上がっています。


唯一大きく目を引く特徴的なパーツが尻尾ですが、その尻尾にもクローの展開ギミックや
節々を伸ばすことの出来る構造になっていたり、しっかり商品のウリになっているあたりは流石。


デザインもギミックもお気に入りの一体ですが、残念だったのが関節の保持力のなさ。
翼や尻尾など重量のあるパーツを備えているボディを支える足が私の物はかなりユルユルで
尻尾なしでは自立すら心もとない…という状況でした。
股関節はボールジョイントなので補修も簡単ですが膝などはピン固定の軸可動なのでちょっと大変。
また、普通に遊ぶ分にはあまり気になりませんが肘や膝のパーツの組間違い?がされてしまっている
個体が多数出回ってしまっているようで(私のも多分間違ってます)
気になる人は気になる部分だと思いますので
”デザインが気に入った!”という方以外は様子見もアリかも。